memo-pad’s blog

自分のためのメモをまとめています。ここに書いてある内容については責任は負いません。全て自己責任でお願いします。

Linux MintでWQHDのモニタをつなぐとフリーズしてしまうときの対策

TL;DL

  1. 最近のCPUならxserver-xorg-video-intelをアンインストール
    apt remove xserver-xorg-video-intel
  2. PCを再起動 

状況

  • Thinkpad x220でLinux Mintを使用
  • DisplayPortでWQHD(2560x1440)のディスプレイと接続
  • デフォルトでWUXGA(1920x1200)が選択される
  • ディスプレイ設定からWQHDを選択すると、デスクトップ環境(Cinnamon)がフリーズ

調査 

何が悪そうか
  • ディスプレイドライバの問題?
  • DisplayPortのケーブル自体の問題?
  • X220自体の問題?
  • Linux Mintの問題?
  • Cinnamon環境の問題?
一通り調べた結果
  • Linux Mintのissueに、それらしきissueがありました。

github.com

OK, we've got news on this and it's turning to be (at least) an upstream issue in the Intel driver. We've got both good news and bad news about this....

Bad news: This driver is no longer maintained so it's very unlikely this will get fixed.

Good news: This driver is only useful for really old Intel GPUs (10 year old and more... the likes of i800x, i915, i965) and it is not recommended for recent Intel GPUs. Instead, it is recommended to use modesetting, not only to avoid this freeze issue, but also to get better performance.

Anyhow, there are two solutions to this problem:

Solution 1 - Recommended for people with modern Intel GPUs (2007 and newer)

Remove the Intel driver to use modesetting instead:

apt remove xserver-xorg-video-intel

And then reboot the computer.

Solution 2 - Recommended for people with old Intel GPUs (i965, i915, i8xx..etc)

Disable VSync:

echo CLUTTER_VBLANK=none >> ~/.profile

And then log out.

日本語でざっくり

clefebvreさんのこの文章読むと、

  • このIntelのドライバ(xserver-xorg-video-intel)は10年以上前の古いIntel GPUのためのもので、最近のIntel GPUでは非推奨
  • 代わりに、modesettingを使うのが推奨されている
  • modesettingにすると、フリーズ問題を回避できるだけじゃなく、パフォーマンスもよくなる

というようなことが書いてあります。

対策

ということで、Solution1に書いてあるxserver-xorg-video-intelをアンインストール後、再起動というのを試してみました。

 

 再起動後にWQHDディスプレイに接続すると、前回と違って最初からWQHDがデフォルトで選択されており無事出力されました。

 

もし、同じような現象起こっている人がいれば、参考までにどうぞ。